自分も転職先も後悔しない転職をする方法とは?

自分も転職先も後悔しない転職をする方法

後悔しない転職!をする方法

転職に対するイメージはさまざまにありますが
転職自体はすることはめずらしいことではなくなっている現代。

転職をする方法も転職サイトから転職エージェントに
マッチングサイトなど選択肢も多様化しています。

その他にあげるとするならば
例えば転職フェアに赴いてみるというのもあれば
転職求人の無料本、また知人の紹介といったものもあるでしょう。

「知人の紹介」で転職をする機会があるときは

「知人の紹介」で転職をする機会があるときは

そんな中で、仮に知人の紹介という
一番アナログともいえる方法で転職の機会があったとします。

その場合、どんな風に転職を成功させることができるのか
考えて見ましょう。

そもそも、なぜ転職をしたいのか、することになったのか。
そのことは転職にあたりどうしても聞かれること。

スキルアップしたかった、という前向きな理由もあれば
職場の人間関係がうまくいかなくて、といった
ひとになかなか話しづらい内容の場合もあるかと思います。

仮にあげた「知人の紹介」という機会の場合
場合によっては本人の「なぜ転職するのか」という事情が
先方に伝わっていることもあります。

つまり、ある意味隠しようがない状況で対峙することとなることもあるのです。

では、その状況から自分の転職への意欲、思いを伝えるには
どうしたらいいのでしょう?

自分の言葉で意欲を伝えよう

自分の言葉で意欲を伝えよう

それは、変に飾りすぎた定型文のような言葉で自身を繕わない
というのもひとつの方法である、という実感があります。

もちろん、相手に失礼なことをしてはならないという
社会人としての最低限のルールはありますが
スキルアップにしろ人間関係が問題となっての転職にしろ
自分の言葉で思いを伝えることで
その転職がうまくいかなかったとしても
後悔なく次に進めることが出来るのではないでしょうか?

理想論と言ってしまえばそれまでですが
せっかく転職をするなら、自分をよりよい環境に置く事を選びたいですし
そのためには転職を成功させたいが為のある種の嘘を重ねるよりも
自分に合う職場を見つけるほうが
なかなか見つからなかったとしても
最終的な後悔はないとも考えられるのです。

特に知人の紹介、といった場合
後になって話が違うとお互いが思ってしまうことがあると
その知人にもよくない影響を与えてしまうこともあります。
ならば、最初に思いを伝えることで
早い段階での合否を決断していただくほうが
両者に無駄なわだかまりを残すこともないはずです。

嘘はばれる! 正直に話すことがカギ

どうしても転職にあたって、勇気を奮い立たせて挑むことが多い分
自分をよりよく見せようと思ってしまうことは
決して間違ったことではありませんし、必要な時も必ずあります。

ただ、その後その転職先に自分が働くことを考えた時
自分の身の丈を正直に明かす、ということで
信頼感が生まれていくことだってあるのです。

自分も、転職先も後悔がない転職活動を
ぜひ実践してみてくださいね!