大手ではなく、中小企業への転職を検討されている方、電話応募一択です!

中小企業への転職は電話応募がおすすめ

中小企業への転職を検討されている方、ファーストコンタクトはぜひ電話を。

電話応募のメリットをまとめると以下の3点があげられます。

電話のメリット① 本気度が伝わる  

ネット隆盛のこの時代、ネット上のフォームに入力して応募する方が圧倒的に多いでしょう。

これに対し、電話で応募するだけで必ず耳に止まり、人事担当者に本気度が伝わります。

電話のメリット② スピーディ  

中小企業への転職は電話応募がおすすめ

ネット上でのやりとりは、どうしてもタイムラグが生じます。あなたが求人フォームに入力して送信した時、人事担当者は遅めのランチを食べているかもしれません。

あるいは、応募状況のチェックは金曜の午後にしかやらない、という担当者もいます。

電話で応募すれば、翌日に面接のアポイントが取れることも十分ありえます。逆に、相手方の電話対応を聞くことで、自分がエントリーすべきか否かの判断がすぐにできるというメリットがあります。

電話のメリット③ 代表者が直接対応してくれる可能性がある

求人サイトで、企業側が表示している電話番号が複数あるケースをよく目にします。

そこに携帯番号が含まれていれば、それは、会社の代表者が持ち歩いている携帯番号である可能性があります。電話が繋がった先がいきなり社長であることが普通にあります。

社長と直接電話で話せた場合、おそらく、最初の面接の相手は社長本人であり、それが最後の面接となるでしょう。

電話で転職活動した人の成功例

電話で転職活動した人の成功例

私の場合、一般にネットで公開されている求人サイトを見て、気になった企業のHPやクチコミを調べた上で、応募フォームを使わず、電話で応募するという方法で転職に成功しました。

1件目では人事担当者が対応、2日後に面接予約をとり、取締役に面接していただくも不採用。

2件目で社長本人が対応、2日後に面接予約、社長による面接。その3日後にやはり社長本人から採用の電話をいただき、正社員勤務となりました。

その後、私自身がその会社のアルバイト採用を任されることになりました。

連日求人サイトから数十件も応募通知が届きます。しかし日々の業務をこなしていると、これらすべての通知にじっくり目を通している暇はとてもありません。

メールボックスがすぐにいっぱいになって、開くのも億劫になってきます。

これに対して、直接の電話応募は、ほぼ100%面接を実行しています。

普通に会話しているだけで、では面接日時はいつにしましょうか、という流れになります。そして、私が採用したスタッフは、電話応募された方が100%です。

まとめ

このように、転職における電話応募は極めて有効です。

中小企業においては電話応募一択と言って過言でないと思います。皆さんが失うのは、少しの時間と通話料のみ。是非、電話応募で転職を成功させてください。